札幌のフラ教室「ハーラウ・オ・カレイイリマオカラニ」のブログ

Mele Kalikimaka & Hau'oli la Hanau

カテゴリ: OHANA,子育て,日記,記憶
投稿日:2014.12.26

Mele Kalikimaka..素敵なクリスマスでしたでしょうか。

12月25日は私の娘のバースデー♡
ささやかに、家族でお祝いしました。

娘と一緒にお買い物に出かけ、
ちょうど15年前、娘が産まれた日
ずっと雪が降り続けていたこと、遠くからおじいちゃんおばあちゃんが駆けつけてくれたこと。。いろいろと話しました。
奇麗な薄い三日月と静かに降る雪..
ゆめさんが産まれた日と同じようでした。

私は娘が産まれてから、、
随分といろいろなことを経験し、きっと波瀾万丈といわれる人生を歩んでいるのですが
そのおかげで娘は何度も、、可哀想な寂しい経験、辛い経験をさせてしまいました。
それでもずっと何も文句も言わず..
私にずっと寄り添って、私を愛してくれて、私を信頼してついてきてくれました。
こんな個性的なお母さんの元に産まれたから、
心が優しい、私にとって癒しのような、本当に天使ちゃんそのもののような赤ちゃんを神様は私の元へよこしてくれたのかなあ。。なんて、何度も思うことがありました。

夕食を食べてから一緒にアルバムを見て
あまりの赤ちゃんの可愛さに、、娘は「この時に戻りたい」なんて言ってましたけど..(笑)
お腹の外に出てしまったら、時間はかかりますがあっという間に大きくなっちゃうね。

本当にYUMEさんのことが大好きで
ずっとそばにおいて抱っこしておきたいくらいの気持ちは赤ちゃんの頃からかわりません。

神様に感謝する夜でした。

yume2

yume3

yume

yume1


奇跡的な体験..私のフラのはじまり

フラの記憶のなかのひとつ。

初めて江ノ島にとおずれたのは、ロエアのレッスンを初めて藤沢で受けたときでした。もう7〜8年くらい前になると思います。
その時に、ぽっかり時間ができたので、ふら〜っと藤沢駅へ行き、聞いたことのある「江の電」という乗り物に乗ってみて、そして聞いたことがある「江ノ島」という駅に降りてみて、人並みにそって歩いていったら「江ノ島神社」がありました。地図ももたず、なにも知らずの旅でした。

そこに祀られている弁天様が芸能の神様だったことも初めて知り、その時に強い導きを感じたのでした。
私は「フラ教室がスタートできますように。。」と強くお祈りしました。

そして江島神社のひととおりを巡り、洞窟まで行き。

帰りにたくさん歩いてお腹がすき、、寄ったのが「江ノ島亭」でした。
初めて食べる生のしらすと、この祈願水のビール。
そこから見える江ノ島の海に沈む夕陽。
私にとっては儀式のような時間でした。今でもすぐ思い出します。

そのあと札幌に戻ってすぐ
自分のハラウとして使える物件が決まりました。
音が出るからフラ教室はおことわり、、とたくさん断られていたのに、、
物事には順序やタイミング、やらなければいけないことがあります。

なかなかできない貴重な体験だったと思いますが、フラを続けていると何度かそのような奇跡のような体験が重なって今があります。

その当時は、自分がクムフラになるための修行(ウニキクラス)に入れるとも、まだ思っていなかった頃です。

クムフラ
麻貴子カレイイリマオカラニ

hula20


週末は江ノ島へ。

カテゴリ: HULA,フラがもたらすギフト,,日記,記憶
投稿日:2014.02.19

5月開講予定♪新規ビギナークラス無料体験レッスン受付中です♪

2月22日は師匠、ロエア・ヒューエット先生のバースデー。
今年で御年60才、還暦を迎えられます。

週末はロエアが大好きな江ノ島で、シスターハラウが企画してくださったロエア・ヒューエット先生のバースデーワークショップとバースデーパーティーが催されます。
私は今回初めて生徒さんたちを連れて、江ノ島へ。。

江ノ島は私も大好きな場所で、初めて訪れた時に、当たり前なんだけどあまりにも札幌と雰囲気が違う、、こんなに素敵な場所があるんだ、、って感激でした。江ノ島からみた夕陽と海、連なるマンションや浜辺の風景、ハワイみたい。。日本なのに。。うらやましいなあ〜と思った。
江ノ島といったら、サザンの歌(世代的に)
桑田さんの歌詞が産まれる世界観、あ〜〜これだったんだ〜〜!と感じた感動もあったなあ。

初めてロエアのレッスンを受けに藤沢へ行ったとき、空き時間で江の電にのって一人散策をしました。
導かれるようにふっと江ノ島で降り、地図ももたず歩いて、江ノ島神社を参拝しました。その時に、江ノ島に祀られている弁財天、弁天様にはじめてごあいさつをし、踊り、芸能の神だと知ってこれからの自分のフラ人生にさらに導きを感じた思い出があります
その時の個人レッスンでは、生徒たちに最初にこの曲を教えなさないと、フラの女神ホーポエのカヒコを教えていただきました。
6年前のこと。

最近は自分の行く先々に、フラとまじわる思い出がたくさんあります。
フラは人生、フラを止めるときは自分の心臓もとまるにひとしいこと、、
あ、このロエアが藤沢で行なうワークショップのタイトルは「Ho'okahi Pu'uwai」たったひとつのハート、かけがえのない心臓、、そういう意味もありますね。
今回一緒に行ける生徒さんは自分の五感をたいせつに、ロエアから素晴らしいフラを吸収できますように...
楽しみにいきましょう(^ー^)

江ノ島からの夕陽
enoshima

弁天様
yume
毎年娘を江ノ島に連れていきたくなるのは、やっぱり娘もダンスをしているからなのかなあ。。娘も必ず訪れたいといいます。

5月開講予定♪新規ビギナークラス無料体験レッスン受付中です♪


ハワイ島でのレッスン(フラを踊る醍醐味)

カテゴリ: Hawai'i,HULA,フラがもたらすギフト,日記,記憶
投稿日:2013.11.22

12月はひさしぶりのハワイ島カハレレフアでのレッスン。とても楽しみです。
帰ったら泣いちゃうんじゃ??と思ってそんなことを考えただけでも涙がじわ〜〜、、ときてしまいます。
私にとっては故郷そのもの。。そんな風に感じられる場所があるのは、本当に幸せだと思います。
私たちが帰れる場所をつくってくださっているロエアのおかげです。

初めてカハレレフアに訪れたときに、「Hawai'i Ku'u Home(ハワイは私の故郷)」という曲を教えていただきました。
ロエアがウクレレでゆったりと歌ってくれて、それにあわせて踊ったときに、なんとも言えない自分のなかで感情がわき上がってきたことを思い出します。
私にとってとても大切な思い出の曲。
生徒さんたちに教えるときもその時の話をします。
一つのフラのなかに、自分のその時の人生や思い出と繋がることができること。フラを踊れる醍醐味かな(^ー^)
一生そのフラに、曲に、おどるたびに刻まれてきたことがよみがえります。
年を重ねているせいか、大切な曲がどんどん増えてきている今日このごろです。

nuenue



親子でフラを楽しむ(娘との思い出)

カテゴリ: ケイキ・親子フラ,日記,記憶
投稿日:2013.11.05

娘は4才の頃からフラをはじめました。
この写真たちは娘とはじめて同じステージで踊ったときの思い出♡
家で一緒によく練習していたなあ。。(^ー^)

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ10

娘はもちろん、私も若いです。。(^ー^)
一緒にこうやって踊れるのはとっても幸せなことなんでしょうね。。ありがとう♡


2 / 212

フラ体験レッスン

各種イベントの実績

各種イベント・ショー・ワークショップのご依頼について

お問い合わせ

ブログ

RSSフィード