銭函のクラス、クローズのお知らせです。 | 札幌市中央区のフラ教室

銭函のクラス、クローズのお知らせです。

暑い日々が続いていますが、教室では毎日のように熱気あるレッスンが行われています。
この夏、ハーラウでは新しいクラスもスタートし、生徒さんたちはワクワクしながらレッスンを受けられています。
長年続けられている生徒さんたちも、ここ最近はよりフラに磨きがかかってきました。
毎週金曜日、土曜日のロイトンのフラショーは今年で4年目、ロイトン札幌のビアフェスタが定着してきたとともに、フラショーもとても盛況で、お客様に声をかけられることも多く、感謝しております。
ハーラウは10年目の節目にあたり、私は日々生徒さんと向き合いながら、色々なことを思い感じながら、レッスンと運営と自分の学びを淡々と続けています。

先月、7月いっぱいで銭函クラスをクローズしました。
気づけば、銭函には5年間通っていました。
その頃から来てくれていた生徒さんたち、新しく入った生徒さんたち、とてもいい雰囲気でレッスンを行っていました。
毎月通う銭函は、夏は晴れていると美しい景色が見え、冬は厳しい海風や波のうねりも見えて、ハーラウがある円山とは全く違う風景とエネルギーで好きな場所でした。

おしまいにしたことには様々な理由がありますが、よりしっかりと自分のやるべきことを見つめ、行いたい、という気持ちが強くなったのが大きいかもしれません。
通っている間に、私もハーラウも変化して行きました。
何事も物事を長く続けて行きたい気持ちが強いので、とても悩み…生徒さんたちにも寂しい思いをさせてしまいました。

私は、今年何度かひどい病気になってしまって、自分の健康や仕事、自分の役割をとても深く考える機会がありました。
自分が弱った時、何を感じたのかというと、フラを私に与えてくれている神々がいることをさらに確信したことです。
自分の人生の時間は、レフア カヴァイカプオカラニ先生から受け継いでいる伝統的なハワイのフラを残すことだけにこれからも全うしてゆきます。

カレイイリマオカラニのフラは、10年目以降、新しい流れがこれから始まっていくことを感じています。
カルチャーの講師のクラスもそれぞれが成長し始め、ハーラウに通っている生徒さんたちはとてもフラを愛していて真剣にフラに取り組み、ハワイの文化を学んでいます。

5年間通わせていただいた銭函の街。好きなところでした。
お借りしていたスタジオ「zenibako style shop」の白鳥さん、脇坂工務店さんには、長い間お世話になり本当に感謝しています。

これからまた機会がありましたら関わらせてもらいたいと願っています。
銭函のクラスに参加してくれたみなさん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

最後のレッスンは、終わった後みんなで毎夏の楽しみだった「Kamome」でかき氷をいただきました。
穏やかな日でした。



フラ体験レッスン

各種イベントの実績

各種イベント・ショー・ワークショップのご依頼について

お問い合わせ

ブログ

RSSフィード