札幌のフラ教室「ハーラウ・オ・カレイイリマオカラニ」のブログ

素晴らしいバレエ舞台を鑑賞してきました(^.^)

カテゴリ: ALOHA,北海道,日常,日記,芸術,記憶,趣味
投稿日:2018.12.19

12/15土曜日は、生徒さんからご縁を頂き、札幌文化芸術劇場hitaruでバレエの舞台を鑑賞して参りました(^_^)
千田雅子先生率いる札幌舞踊会、創立70周年記念「カルミナブラーナ」です。

バレエのことは何もわからない素人ですが、本当に感動しました。。カールオルフのこの楽曲は聞いたことはありましたが、その意味を表現する美しい情熱的なダンサーの方々、シンプルなの豪華な様々な情感にあわせて動く舞台装置、そして札幌に子供から大人までこんなに素晴らしいバレエダンサーがいて、東京からも集まり、群舞もソロも魅力的で、感性が揺さぶられました。ホールの客席は満席でした。

私もこの舞台を作るまでの時間や演者、先生、スタッフの方の多くのエネルギーは想像できます。本当に素晴らしい芸術が北海道にもあることを教えていただきました。このようなアートの情熱が、北海道にもっと広がるといいな、、と思います。

バレエダンサーの方々の鍛錬や日々の努力に比べたら、私のじぶんへの甘さって…(^_^;)苦笑

みんなスッキリと筋肉ははしっかりとつき、上へ飛ぶ動きを見ていると、あんな風に飛んでみたい…なんて思いました(^_^)

身体から指へと繋がるしなやかな動き、立ち姿、最後までほんとに美しくうっとり…

フラはまた違った文化ですが、わたしもしっかりと長く続けて、ここ北海道に根ざすものを作りたいと願っています(*^_^*)

hitaruができて嬉しいです♪こんなに大きなホール、美しくてテンションがあがりました!これからいろんな舞台が観れるといいな💖

母と久々に一緒に写真をとりました( ´∀`)






心が潤う素晴らしい時間でした。

昨日は、ずっと楽しみにしていたコンサートへ行って参りました。指揮は西本智実さん、ロシアで最も伝統のあるオーケストラの一つ「スヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団」のチャイコフスキーのコンサート。
ヴァイオリンのソリストは川畠成道さん。
本当に全てが素晴らしい、、感慨無量という言葉しか出ない、、とても豪華なコンサートでした。

西本智実さんの指揮は10年ほど前にキタラで見て、あまりに素敵すぎて、次札幌で観れる機会が会ったらオーケストラの側で観たいと思い、今回はP席を選びました。
最初から最後まで2時間のコンサート、本当に瞬きするのも惜しいと思うくらい目が離せませんでした。。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲はとっても聞きたかったので、嬉しかったです。川畠成道さんの音色はとても繊細で優美で、アンコールの曲もとてもよかった。
そして三部のチャイコフスキーの交響曲第5番はオーケストラならではの迫力と、テンポと、そしてやっぱり素晴らしすぎる西本さんの指揮..札幌で観れることに感謝しました。
地震で多くのイベントが中止になったなか、このコンサートも9月9日から始まっていたので、無事に北海道で行ってくれて良かったです。最後はアンコールが終わったあとスタンディングオベーションで拍手が鳴り止まず、何度も西本さんも出て来てくました。私も最初から終わりまで涙が止まらないくらいに感動しましたが、最後の鳴り止まない拍手とオーケストラの皆さん、西本さんの姿になんとも言えないほどまた感動しました。

人の心を感動させる音楽、演奏、指揮、、クラシック音楽の旋律
偉大な作曲家の方たちは神様の声を感じていたのかな..なんて現実を忘れる時間でした。
西本さんの佇まい、指揮には、キリストの精神を感じる何かがあったのですが、ちょっと調べてみるとやはりご縁がある方だったのですね。。納得しました。
これから札幌にはhitaruもできますし、素晴らしい芸術文化を間近で感じられる機会が増えるかと思います。
人が人を感動させられる、、ずっと記憶に残るような素晴らしい時間に感謝します。


フラ体験レッスン

各種イベントの実績

各種イベント・ショー・ワークショップのご依頼について

お問い合わせ

ブログ

RSSフィード