札幌のフラ教室「ハーラウ・オ・カレイイリマオカラニ」のブログ

カヒコはやっぱりフラの真髄。各クラス、カヒコをレッスンしています♪

ビギナークラスの生徒さんたちは、フラのステップが踏めるようになってきて、少しずつカヒコのレッスンもスタートし始めました。
イプヘケの音やチャントに、やっぱりカヒコはいい!と初心者の生徒さんたちも感じていて嬉しいです。

カヒコはフラの真髄(神髄)です(^ー^)
見ている人にはもちろん感動を与えますが、
踊っている私たちはフラの神(自然神)をとても深く感じ、とても感動します。

フラは祈りであることを踊りながら感じることができる。。
本当に素晴らしいことだと思います。

各クラス、カヒコのレッスンをしています。
ビギナーさんにはわかりやすく、なぜ、カヒコを踊るのか、、ということを言葉でも説明しながら。
経験者のクラスはだんだん踊りが難しくなり、神聖さが増しますので、みんなに必要なことがあれこれと出てきます。
それでも踊るしかない!という感じでひたすらレッスン♪

私は自分自身が生徒としてカヒコを踊る機会が少なかったので、今の私の生徒さんたちがとても羨ましいです。
思いっきりカヒコをパフォーマンスできる、本当にいいな!と思う(^ー^)
私は祈りを込めて、自分のチャントを磨き、そして生徒さんたちにレッスンを続けて行きます。
クムとしてやるべきことが沢山あります♪



Hoʻi Hou I Ke Kumu..Kumu Hulaとしての生き方と学びはこれからも続きます

今回のレッスンの全てが終了し、学び舎あとにしました。いまは、ヒロからオアフへの飛行機の中です。
レフアが、私を空港に連れて行ってくれる道中も、最後まで色んな話しをし、レフアもしてくれました。本当に私にとって大切な、貴重な時間となりました。

私は日本人で、レフア(ヒューエット先生)はハワイアン。国籍も環境も世代も感性も全てが違いますが、フラにより強く結ばれています。私はレフアの考え方、そして私に伝え残そうとしてくれることを、最後までずっと感じ続けました。
クムフラとして、どのように在るべきか、そして生徒たちとどのように関わり、そしてどのようにフラを未来へ残し続けていくか。

日本人の私は同じく日本人の自分の生徒とわかり合うことを時に難しく感じるときがあります。
レフアはどれだけ私たちと違いを感じてるだろうか…とふと思うことがあります。
フラに対する姿勢はもちろんのこと、見るもの、聞くもの、食べもの、好み、感性、考え方、、一緒に過ごす時間が増えるほどわかってきます。

私は、フラを学ぶ上で、育ててもらっている立場としてとても自分が幸運だと思っています。
レフアはハワイの古くからの時代を知り、クムフラたちから受け継いだものを、惜しみなく与えようとしてくれていることに。
私は今回、受取にいきました。自分のフラの起源である場所へ。
私はこれからもここ(カハレレフア)に戻り、学び続けます。自分自身と生徒たちのために(*^_^*)

三年ぶりのカハレレフアでの時間は、私の源へパワーと、新しい記憶を与えてくれました。
また来年、7月に里帰りするまで、しっかりとやるべきことを行います。

神様は北海道にいる私を
ずっと見てくれていたのをはハワイでも感じました。

Mahalo e ke akua..Lehua Kawaikapuokalani
Me ke aloha pumehana
Ka lei ʻilima o ka lani


ALOHAの生き方を実践する

6月8日に、ヒューエット先生に札幌で一般向けのセミナーをしていただきました。

今年も100名近くの方が参加してくださり、私たちのフラ、先生のお話を、見て、聞いていただいて、今年で2回目でしたが昨年以上に観客の皆さんと私と先生が一体感を感じる、とても..本当に素敵な会になりました。

参加いただいた皆様にはあらためて、感謝いたします(^ー^)

ありがとうございました。また来年も企画をしますので是非来ていただければ光栄です。

 

話は変わり、今年も先生に10個くらい、用意した質問に答えていただいて。

私はその中で「ALOHAの意味、ALOHAってなんなのですか?」と聞いてみました。

 

先生の答えは実に、わかりやすく、明確で、そして、私たちが日々、実践すべきことが「 ALOHA」に奥深く込められていることがわかりました。

「ALOHA」とはまさに、生き方です。

 

今日は少し外をお散歩しながら、先生の言葉を思い出しながら

ALOHAについて考えていました。

 

私は以前「ALOHA」とあいさつすることにためらいがありました。

(それでももちろんALOHAと返していましたが..)

ALOHAの本当の意味を知らないのに、私が使っていいのかな、と思っていたんです。

フラの先生になって、フラを通じて様々なことを学び、ALOHAの意味も少しずつわかるようになり、、そして今年は LEHUA(ヒューエット先生)に答えてもらいました。

 

最近、色々と思い悩むことがあったり、こんなに頑張っていますが、フラをこれからも続けられるだろうか..と考えることがありました。

フラは好きなのでやめるわけはありませんが、自分の中で悩みが深い時「PONO(調和)」に戻すことが大変な時があります。

 

フラと真剣に向き合うとき、自分の人生と向き合うこととなる場合があります。

 

その時に、ALOHAの意味を知り、

みなさんに実践してもらえたら、と思います。

 

セミナーに参加した皆さんは、先生の言葉、、は思い出せなくても

その時のエネルギーを心に呼び戻すことはできます。

何か悩んだ時、辛い時は、是非思い出し、美しいフラを思い出してください。

 

 

私は「ALOHA」を私の生徒さんたち、家族、身近な人、そしてこれから出会う人たちに

渡してあげたいと思います。

 

お散歩していると、いろんなことを思い出すなあ....と思いました(^^)



 

 

 

 

 


北海道神宮例祭の奉納を終えて(2017.6.14)

半月前になりますが、今年も北海道神宮例祭で古典フラを奉納させていただきました。
今年は、ヒューエット先生がOli(お祈り)を捧げ、私と一緒にチャントをしてくださったり、フラも奉納してくださいました。
6年目の奉納となりましたが、今までで一番良いお天気だったかと思います。
鳥がさえずり、心地よい風が吹き、そして、新緑の神宮の森を感じながら古典フラを奉納できるとは、、本当に幸せでした。
私とヒューエット先生のチャントに合わせて踊っている生徒たちを見ると、私が行ってきたハワイの修行時代を思い出しました。
もちろん、その当時の私はフラを踊る方でしたが、いつもヒューエット先生とクムウラ(先生の娘さん)のチャントに合わせて、神様にフラを捧げていました。
そのことを思うと、私は自分がクムとして成長したことも感じましたし、生徒たちは本当に幸せな経験をさせていただいている。。と感謝しました。
真面目にまっすぐに、先生から受け継いだ古典フラを続けてきてよかったと思います。
奉納が始まる前に、私は生徒たち全員に作ったLāʻī(ティーリーフ)のレイをOliを唱えながらみんなにかけました。
この1年頑張った、そしてイベントでも頑張ってくれたみんなに、もっとしてあげたかったですが、時間が足りなくてレイしか作れなかったけれど、一つでも何かプレゼントできてよかった。
今年は昨年以上の観客の皆様に奉納を見ていただき、温かい拍手をたくさんいただきました。
神様に奉納していますが、見ている方に遠いものと感じていただくのではなく、私はフラを身近に伝えたいと思っています。

フラは私たちにとって、日常と同じです^^
続けなければ、わからないことがたくさんありますが、これからもフラを取り入れる生活をみなさんに提案して行きますね。

見にきてくださった皆様、ありがとうございました。また来年、6月14日によろしくお願いいたします♪







北海道神宮例祭の写真のアルバムは↓をクリックでご覧頂けます(^ー^)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1312261912228406.1073741845.182073118580630&type=1&l=5851da137e


レイを繋ぐように。

昨夜は久しぶりに自分のためにレイメイキングをしました。日々、早回しみたいに感じる時間の経過が、少しゆっくりとなる感じがします。

新しい月にはいりました。

今思うのは、周りに振り回されず、自分の役割と信念をあらたに確認して、フラを丁寧にすすめてゆこうということ。

フラの一面は、とても華やかで眩しい世界に見えます。

でも、私は華やかな部分があまり好きではありません。もともとそのようなことに憧れてフラを始めたのではないので……そして、フラを続けている今も、苦手です。

特に大きな舞台などは自分とはかけ離れている、別世界のような感覚になり、足を踏み入れたくない……はっきり言うと嫌な気持ちになることがあります。美しい世界の裏が、時に垣間見えるから…

もっと穏やかで、静かな…日々の暮らしのように。そして誰もが近寄りやすい世界をフラで表現したい。子供も、大人も、誰もが垣根なくみんなが楽しく、癒される。

フラは愛(アロハ)の表現です。

私の思い描くフラの世界。まだ時間がかかると思いますが、レイを繋ぐように地道に作って行きます。


ヒューエット先生と過ごす時間は、私の源です。

私の信条として、いつも心がけていること。
どんなものごとでも、情報も、学びも
『水は高いところから受け取る』
末端で穢れた水を飲めば自分も穢れる。源流に遡れば美しい清らかな水を飲むことができる。
私たちの細胞に吸収され、それが「私を作っている」

フラを始めたばかりのフラベイビーのとき、ヒューエット先生の美しいフラを見ました。それが15年ほど前。
この素晴らしい、この世のものとは思えないフラを踊る方から、直接フラを学びたい!と願い、様々な局面を越えて
今の私はロエアの側で、学ばせいただけるようになりました。
振り返れば私の人生の3/1、ロエアと過ごしています。

昨日は夕方からロエアとミーティングをし、一緒にお散歩してお買い物をして、お食事をして
たくさんお話をしました。
前回お会いしたのは今年の2月。やっぱり、毎回先生に会わなけえればいけない、といつものように思いました。
歳を重ねられてご自分のことを「おじいちゃんだ」とおっしゃいますが、フラの世界ではトップリーダーの一人です。
今のフラの世界のこと、感じていること、これからの未来のフラの世界のこと、そして、自分が何をすべきか、私たちがどうしていくべきか..
とても内容の濃い時間でした。
シリアスな話もたくさんしましたが、ロエア自身はとても優しくユーモアがあり、本当に素敵、チャーミングな方なので
このキャラクターも私が学ぶべきところです。
いつも自分の生徒である、私のことも心配してくださいます。

一昨日は移動のお疲れがありましたが、昨日はだいぶん回復されていて安心しました。
今日は明日の本番に向けてのミーティングです。
大変ですが、クムフラとして、本当にやりがいのある機会を与えていただいてます。
MAHALO A NUI LOA..


北海道道庁の国際局へ6/8のセミナーのお話をさせていただきました。

ご縁をいただき、昨日は北海道道庁の国際交流担当の方々に「6月8日のセミナー」のお話をさせていただく機会ができました。
この5月に、北海道とハワイは友好提携で結ばれ、ハワイの著名人である「LOEA KAWAIKAPUOKALANI HEWETT先生」が来札されることを知り、とても興味を持ってくださったのです。
1時間ほど昨年の資料、私のハーラウの活動をつうじて様々なお話をさせていただきました。
ヒューエット先生がいらっしゃることで、ハワイと北海道の文化交流への発展につながれば幸いです(^^)
貴重な機会を与えていただきありがとうございました。


ほんとうのハワイ〜古くて美しいフラを知っていますか〜2017』

日時:2017年6月8日木曜日 19時から
場所:ホテルロイトン札幌 1階のキャッスルにて
チケット:5,000円(当日5,500円)

ハワイの伝統的なフラの指導者、祈祷師、作詞作曲家であるLoea Kawaikapuokalani Hewett 先生をお招きして、ハワイアンの教えを学び、美しく神聖なフラを観ることができます。
昨年行われたセミナーでは、多くの方々がフラとハワイのお話に共感されました。
今年はハワイ島に存在する『火の女神ペレ(Fire Goddess of PELE)』と、『癒し(Healing) 』をテーマに、二部でフラとお話をお伝えします。
フラは神様に捧げる神聖な古典フラ(Kahiko カヒコ)
癒しの現代フラを観ることができます。

チケットのお申し込みは、
カレイイリマオカラニHPから

公式ホームページ

フェイスブックページ

大丸プレイガイドでも販売しています。

カレイイリマオカラニの生徒たちからも購入できます。
お気軽にお声がけくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします(^^)


クハイハラウのシンボルをスタンプしてキヘイづくり。

先週は私とロエア・ヒューエット先生のキヘイを作りました。クハイハラウのシンボル、パーレフアをスタンプ。とても美しく仕上がりました(*^_^*)

このキヘイは、6/8のセミナーで身につけます。先生もとても喜んでくださって作った甲斐がありました。

今日は生徒たちがハーラウでスタンプします。クハイハラウのシンボルが、綺麗な癒しの雨のようにキラキラ舞い降りるのが目に浮かびます(*^_^*)


フラはいつも私たちに寄り添っています

月曜日から日曜日まで、毎日のようにフラのレッスン。小さい子から年長者の方まで、様々な年代、小さくても大人でも、それぞれの人生を生きている人たちにフラを通じて関われることがとてもありがたいと感じています。

私にとってフラは、毎日の生活のようなもの。

フラをはじめて、長く続けて、先生になって、見えてきたものもたくさんあります。

人生には年代ごとに、色々と大変な場面、忙しい場面があります。

フラは、時にはゆっくり、時には淡々と、時には熱く、、その時の人生のペースに寄り添うように流れて行きます。

フラは踊りですが、その人の考え方や生き方そのものも表す素敵な表現です…Aloha💛


母の日にハワイアンレイをプレゼントしませんか?レイメイキング講座のお知らせです☆親子でも参加できますよ〜♪

クハイハーラウ・オ・カレイイリマオカラニのカルチャークラスインストラクター、虻川奈緒美講師による
生花を使ったレイメイキング(ハワイアンレイ/お花の首飾り)の講座があります☆
今回は母の日にむけての内容ですよ☆お子さんとご一緒の参加もOKみたいです(^0^)
親子でお花を紡ぐ時間は、とても癒しと愛が溢れるでしょう☆
初心者の方にもわかりやすく教えてくれますので、ぜひご参加ください。


☆カレイイリマオカラニのハワイアンカルチャー☆
『レイメイキング講座』

◯レイメイキング担当講師:虻川奈緒美
ブログはこちら
◯講座日時、場所、参加費について
日時:2017年4月23日(日) 13:00〜15:00頃まで
会場:札幌市東区北16条東1丁目1-18 PASSO内
地下鉄東豊線「北13条東」駅より徒歩5分
(お車でお越しの方はお問い合わせください)
参加費:5000円

※お子様と参加される場合は、お花の本数によって料金がかわりますのでお問い合わせください♪
定員:10名
申込締切:4月14日(金)

<講座内容>
針と糸を使ってデンファレのレイを作ります。
初めての方やお子様でも簡単に作ることができます。
ハワイでは感謝の気持ちを込めて大切な人にレイをプレゼントする習慣があります。
ちょうど母の日の前の開催になりますので、お母様へ、またはご家族やお友達へ(もちろんご自分にでも!)レイのプレゼントはいかがですか?
お子様(小学生以上)との参加もOKですので、思い出づくりとしてお子様と作りあってプレゼントしあうのも楽しいですね!

☆お申込方法
ご参加の連絡やお問い合わせは、お気軽にお問合せください。
下記のメールアドレスにお願い致します♡
naom_abu@yahoo.co.jp
よろしくお願いいたします♪

☆虻川奈緒美インストラクターのプロフィール
カレイイリマオカラニのフラカルチャーレッスンを担当
数年前にレイメイキングを学び、その後独自で勉強を続ける。
教室のフラパフォーマンスの時はいつもレイメイキングや髪飾りのサポートをし、セミナーも開催。

カレイイリマオカラニのホームページのお申しこみフォームからも受け付けます☆
レイメイキングのレッスン希望、とメッセージをお願いいたします(^ー^)


1 / 512345

フラ体験レッスン

各種イベントの実績

各種イベント・ショー・ワークショップのご依頼について

お問い合わせ

ブログ

RSSフィード