札幌のフラ教室「ハーラウ・オ・カレイイリマオカラニ」のブログ

フラほど美しい踊りはない

毎日、いろんなことを考えたり、感じたりしています。
昨日おもったのは、私24時間フラのこと考えてるわ!だった(笑)
でもこれはあまりいいことではない。。
頭を休め、空っぽにする時間(瞑想)をもうすこし作らないといけません。
でもそれだけ情熱をむけられることがあるのは、私にとって幸せなことだし、魂が望んでいることだと感じています。
なにごともバランスだけど。

「フラほど美しい踊りはない」
わたしフラの先生だし、個人的に思っていることです。
ロエアのフラをみていると本当に美しくて、そして時に強く勇ましくて、ずっと見ていたいと思うし時間を忘れます。
フラは自然からうまれたもの、ステップは大地と繋がり、手は自然や愛を表現する動きが多いのです。
「自然を表現する」のはとても難しい、私たちには「自我」があるからそれが強くでていまうと自然から遠ざかった不自然な動きにみえてくる感じがします。踊っているときは自我をわすれて、神々とつながっていることにハートをむける、、
それがまた最初はなかなか難しいものです。

いろんな民族舞踊があるなかでも、やっぱり私はフラが一番美しく見えます。

なにか踊りたい、身体を動かしてみたい、ハワイが好き、フラってゆっくりとした動きで簡単そうだし、女性らしくなれるかも♪というきっかけでフラを始める方が多いんじゃないですか。

私は最初、身体を動かしたい!と思ったとき、エアロビに通いました(笑)汗をかいて気持ちよかったなー。
基本的に運動大好きなので。でもそのうち飽きました。
次はなにか神聖な気持ちになるものを表現したい、その時に沖縄が好きだったこともあって、沖縄の方から琉球舞踊を習い始めました。すごく難しかった。四つ竹という楽器をつかったり、扇をつかったりする舞踊もならいました。琉球の人のことを理解しないと表現するのが難しいととても思いました。古典的な舞踊なのであたりまえです。
その次はベリーダンスにちょっとチャレンジしてみたり、それも自分にはあっていないと思った。
ヨガも何人か先生についてみたりしましたが、ある程度教えてもらったら自分の趣味程度でいいという感じでそれ以上の興味はわかず。
ジャズダンスにも1年ほど通いました。でも歌にあわせて先生が振付けされたものだとやっぱり物足りないというか、、何を表現したらいいのか?と感じて気持ちがのらなかった。

そのなかでフラに興味をもったのは、カヒコを見たから。
カヒコを見た時に、すぐ神様に祈っているのが伝わったから。。
その時は初めて聞いたハワイ語で何をいってるかわからなかったけれど、神様と話している言語だと直感的に感じました。
実際にフラを始めた時、自分がみたフラダンサーの方たちとは全然比べ物にならない、、鏡にうつった残念な自分にショックを受けましたが、まずは続けていこうと思った。
途中でなかなか踊りが上手にならないと感じて、葛藤もありましたが、どうしたらいいんだろう、、と思ったときによくよく先生を見るようになりました。
そうやって日本の先生の元で学んだのは5年くらい、そこからどうしてもカヒコを本格的に学びたくて、ロエアに弟子入りをお願いしました。それが私のフラ道。。

フラが上達するのは、ほんとうにひとつずつの階段をあがっていくようなもので、根気、忍耐がときに必要だと思います。
だけど、どんな踊り、舞踊よりも、年をとっても長くずっと踊れる踊りです。
足が動かなくなっても、手で表現することができる。手が動かなくても、歌うことができます。
最後に目をとじるまで、ずっと続きます。フラは祈りだから。。

10代、20代、30代、40代、50、60,,,,その時にしか表現できない、自分の美しさ、個性、祈りを表すことができます。
そんな踊りって、この世にほかにあるのでしょうか。。

だから手っ取り早くはうまくならない。積み重ねていかなければならないもの。

ハーラウにいる生徒さんたちを思うと、最初フラに興味をもってはいってきてくる方、みんなそれぞれの理由があります。
フラをリタイアしてしまう方は1年未満〜2年くらいの方が多いかな。3年以上続いた生徒さんはよっぽどのことがないかぎりフラを続けています。石の上にも3年とはまさにこのことかな。
ただリズムにあわせて動く、そのようなものではないので、フラにはいろんな決まりがあったり、基本があります。それに慣れるのもむずかしさの一つかもしれません、自由に身体を動かしてください、では済まないからです。
ハワイの人たちは、「フラをやめる」という考えはなさそうに見えます。フラはずっと続いていくものだから。たとえば、途中でお休みの期間があってもいい。人生にはいろんなことが起きます。
でもまた戻ってくる。
私も、フラをお休みした期間がありました1年以上かな。仙台から札幌にうつって、先生をずっと探していたと頃です。どんな先生につくか、ということも何かを学びたいときには大切なことだと思います。なので私はすごく慎重でした。

フラほど美しい踊りはない、、
やっぱりそう思います。
私はずっと死ぬまで続いてくフラと、自分の人生を重ねて、自分らしく美しいフラを築いていきたいと願っています。
そして先生になったいまは、自分が与えられたものを生徒さんたちに与えていきたいということです。

hula1


イリマシスターズ@カハレレフア

カテゴリ: Hawai'i,HULA,クムフラへの道,フラガール
投稿日:2013.12.21

ウニキの修行時代を一緒に過ごしたイリマシスターズたち♡
藤沢でたびたび再会しますが、ハワイで集合したのは前回のウニキぶり。。
ハワイのシスター、マプアナとはたまにメールをするけれど、会うのはほんとにひさしぶり♡
みんなで会うとあっという間にリアルな姉妹のように距離がなくなる。
私はみんなが大好き♡今回は来れなかった他のシスターたちももちろん♡
大人になってからこのような出会い、関係があるのはとても恵まれてると感じているし、ずっとずっと大事にしていきたいな。。
普段はそれぞれ自分のハーラウもつ先生たち。でもここでは一人の生徒としての貴重な時間です☆

ilima1


MAKANIシスターズ
ilima2

カメラをむけるとこちらでもポーズ(笑)
ilima3 ilima4 ilima5


朝方までがんばりました〜〜の顔。。
ilima6

ヒロタウンでちょっと息抜き、、♡
ilima7


セレモニーがあった12月13日
この日はイリマの末っ子、まりちゃんのおめでたいバースデーでした♡
みんなでサプライズ(^0^)ロエアのおちゃめさん顔^^
ilima8

厳しいトレーニングもみんながいるからいつもがんばれます。どうもありがとう♡


フラと共に生きる

カテゴリ: Hawai'i,HULA,クムフラへの道,ロエア
投稿日:2013.12.21

ハワイから無事に戻りました(^ー^)

今回はウニキを終えたクムのためのセッションでした。

 

イリマクラスで学んだ日本ハワイのフラシスター達、カリフォルニアからラウアエ、ククイクラスのフラシスターとも初めて会えて一緒に学ぶことができ、とても充実した素晴らしい日々でした。

 

今回は自分のためにキヘイ(自分の身体を包む布)を作り、大切なセレモニーが行なわれました。

1週間のレッスンのなかで、ロエアからはまた大切な学びをたくさん頂きました。

今回は自分の立場や考え、生き方と向き合い、またあらためてフラと共に生きる覚悟ができた感じがします。

カリフォルニアのフラシスターたちは本当に明るくて、アグレッシブですごく刺激を受けました。こんな風に世界中にいるフラシスターと学ぶ機会を得られることもとてもありがたいです。

 

セレモニーを終えた後の集合写真。

kumu1

 

ロエアと一緒に。

kumu2

 

昨年の3月ウニキを授かって、それから初めてのカハレレフアでのトレーニング。

私は去年再婚をして自分の人生があらたなステップにすすんだので、また感慨深いところもありました。

今回ハワイに行くにあたって、両親、いつものうように母にはたくさんサポートをしてもらいました。夫、子供たちの協力はもちろん。。みんなに協力、応援してもらえていることがありがたいです。

 

日本人の私がハワイアンの考えを学び、生徒さんたちにお伝えするには、ハワイにいってしっかりと学ばなければその教えを伝えることができません。

なにごともタイミングが大切、、

私はロエア、偉大なクムフラから受け継いでいることを大切に、これからもフラとともにハーラウを大事にしていきます。

 


1日目

カテゴリ: Hawai'i,HULA,クムフラへの道
投稿日:2013.12.10

到着した日たくさんのお買い物があります。
この日はシェーキーズ夕飯。夜はミーティング。
12名の生徒が集まっています。



20131209-084746.jpg

20131209-084801.jpg

20131209-084809.jpg

20131209-084820.jpg

20131209-084828.jpg


カハレレフア

カテゴリ: Hawai'i,HULA,KAHIKO,クムフラへの道,日記
投稿日:2013.12.10

ホノルルと違ってヒロは曇り空
カハレレフアもいつも通りです。
懐かしい湿度感。



20131209-083653.jpg

20131209-083900.jpg

20131209-083922.jpg


ロエア・ヒューエット先生のレッスン

カテゴリ: クムフラへの道,ロエア
投稿日:2013.07.31

先週末から藤沢に行って、ロエアのレッスンを受けてきました。
今回はプーイリ、ウリウリを使うフラ、他2曲、、どれもとっても習いたかった曲だったので嬉しかった。
毎回レッスンは終日かけて行なわれますが、ほとんど休憩なし、私たちも食事もとらないので、ロエアはほんとうに大変だと思います。
習うより、教える方がたいへんなのは、私も教える立場にになってとってもよくわかりました。

藤沢にはいつも全国のクハイハラウの先生たちが集まります。
私は毎回もちろん札幌から、神戸、京都、四国、関東、、の先輩たち、フラシスターと数ヶ月に1度あって、ロエアのレッスンを受ける、、この時間はとても大切な時間です。
今回は夏休みもあったので、ロエアにお願いして娘も見学をさせてもらいました。宿題をしたり、レッスンを見たり、たまにフラを踊ったり、先生たちとお話したり、、いつもおじゃまさせていただいて、ありがとうございますm(_ _)m

レッスン風景♪
fujisawa2

ロエアを囲んで(^ー^)
fujisawa1

ロエア、いつもありがとうございます。
いつまでも元気でいてほしい、たくさん教えていただきたいことがあります。。一緒に過ごせる時間は毎回かけがえのない宝物の時間。
fujisawa3
ロエアは次の日には移動されて、今は伊香保のハワイアンフェスティバル。
「お気をつけて〜」と言ったら「ちょっと忙しいけど、とっても幸せだよ(^ー^)」とALOHAとハグでお別れしました。


フラダンサーの準備:フラを通じた学び

今回のKA HULAにむけて、私としてはただひとつのコンサート、イベントに出るという考えではなく、生徒さんたちに今までに経験したことのない学びを、フラを通じてしてもらいたいと願っていました。
ロエアと一緒にステージに立たせていただくということは、私たちにとってとても特別なことだし、しっかり準備をしなければいけないのです。
特に今回はカヒコを踊るので、私がハワイ島でロエアにご指導いただいたこと(クムフラになるために積んだウニキ修行で学んだこと)をみんなにも少し体感してほしいと思いました。
なので、生徒さんたちにとっても特別な流れでの準備だったと思います。(バーベキューからはじまり^^)

私はいつも大事にしたいこと、そして今回、より大事にしたかったのはハーラウの一体感でした。
それは出演する生徒さんはもちろん、出演されない生徒さんも然りです。
みんなそれぞれの個性があり、考えも年齢も生活ももちろん違いますが、同じことを学び、志をもつ仲間、OHANAです。
ハーラウの中にはみんなそれぞれの役割があり、いなくていい人は誰もいません。
ハーラウのなかでは心を開いてコミュニケーションをしたり、心を開いて踊ってほしいと願っています。
自分だけは別、そんな風に距離をおいては、なかなかみんなと素敵なフラは踊れない気がします。

同じハーラウのなかにいても、自分が所属する以外のクラスにふっと入ったときに、雰囲気が違うことにとまどったり、自分らしいフラが踊れないこともあります。アウェイ感を感じるといいますか。
フラは一人でもメンバーが変わったりすると、見え方もエネルギーも違ってきます。みんなそれはお互いに感じ合っているから。

そんなことができるだけないように、いつでもどんなときも自分の素敵な個性やフラが踊れますように、ただ踊りを学ぶだけではなく、みんながお互いを理解しようとする気持ちをもったり、協調すること、歩みよること、助けあうこと、心を開くこと、コミュニケーションをとること、お互いを尊重すること、そして私(クム)の考えを理解してもらうことはとても大事です。

今回、ひとつのコンサートを通じて、生徒さんたちがそれをよく理解してくれたり、お互いに歩みよることができて本当にチーム、ハーラウの一体感がしっかりと形になりました。

KA HULA出演後、今日はまたレッスンがあったのでみんなの感想をきいて、それがよくわかりました。これからもみんなの心(ALOHA)がひとつになるフラを作っていけたらいいな、と思っています。
どうもありがとう。

kahula3



ロエア・ヒューエット先生のレッスン

先週は、イベントにむけてのレッスンが詰まって怒濤の忙しさだったのですが、日曜日は藤沢でロエアのレッスン♪
日帰りだったし、前日は朝から夜までびっしりレッスンだったし・・体力がもつか〜〜??とさすがに心配だったけど、なんとか!
というか、やっぱりロエアにお会いして、レッスンを受けると元気になる(^ー^)
そして、ここで会えるフラシスたちと過ごせる時間ももかけがえのないもの。

ロエアから教えていただけるフラは私の生涯の宝物。
そして、ロエアから教わることを生徒さんに伝えさせていただくことが、私のお役目。。本当に感謝しています。
10年前、初めてロエアにお会いしたときに自分が願ったことがひとつずつ現実になっています。

今回はロエアの新曲のアウアナ(カーネーションのレイのフラ)、カヒコ(パフの曲で勇ましいカメハメハの曲)オリを教わりました。

アウアナを習った後は、カーネーションのレイの作り方を教わりました。
ロエアの指は本当に繊細で、レイをつくっている仕草もうっとりします。
レイを作る時間は穏やかな時間。
loea1

loea2

loea3

ロエアがご自分で作ったレイですが、かけさせていただきました(^0^)お茶目な笑顔(笑)
loea4

カメハメハのカヒコはあまりに勇ましく、とっても格好良すぎて!
踊っているとどんどんアドレナリンがでて、私もフラシスのぶこも興奮状態に!(笑)
はぁ・・思い出してもエキサイトする。
ちょっと難しいフラなので、まずは自分がしっかり練習して生徒さんたちに見せますね。

帰りは高知のフラシスのぶこと一緒に電車でおしゃべりしながら帰ってきた。数ヶ月に1度しか会えないけれど、こんな風に一緒に姉妹のようになんでも話せるフラシス達は大事な人たち。
次のレッスンまでまた自分のやるべきこと、地に足をつけて行なっていきます。

ロエア、いつも素敵なフラを、大切なことをたくさん教えてくださってありがとうございます♡


ハワイの魂にふれる〜神々に捧げるフラ〜

カテゴリ: HULA,KAHIKO,クムフラへの道
投稿日:2013.01.16

長谷川潤さんがハワイ島でカヒコにチャレンジをする番組、”長谷川潤 ハワイを踊る”の前編、後編が15日、16日で放映されます。
神々に捧げるフラ

以前シリーズで放映されていたときはタイミングがあわず観れなかったので、今回は楽しみにして観ました。
長谷川潤さんはハーラウ・オ・ケクヒ(ハワイ島で名門のハーラウ)に入門して、ペレに捧げるカヒコを学んでいましたが、私がウニキで教えていただいたフラやオリがいくつかあって、なんだかすごく懐かしかった。
そしてその意味を思うと、やっぱり大事なことを色々教えていただいたんだとあらためて思いました。ハレマウマウやハワイ島の自然、ファーマーズマーケット、懐かしい場所がたくさんで早く里帰りしたい…と思った(^ー^)ちょうど今日生徒さんたちに話したペレのストーリーも。

クムナラニが伝えていた言葉や、カヒコを踊る意義…しみてきました。
それはやっぱり神々との対話で、自分自身がそこに近づくこと、敬意を払うこと、自然とひとつになること。
自分の考えや感じていること、教わったことや生徒さんたちに伝えていることはぶれていないと。
これからも私が教わったカヒコをできるだけ多くの方に私も伝えていきたいとおもいます。そして私も学び続けます。



人生いろいろです。

日中は雪が降り続く札幌でした。午後からは少しおちついてきましたね。
今日の午前のフラはオーヘロクラス。
先週から新しいカヒコにはいっています。
私もみんなも大好きなロエアが書かれたロマンティックな曲、ペレとロヒアウの恋を描いた本当に素敵な曲。
土曜日のアアリイクラスもこの曲にはいりました。

今日のタイトル、人生いろいろ。
ハワイ島のハレマウマウに住むペレは自分の結婚相手を探しにスピリットになってカウアイ島にむかいます。
そしてカウアイ島のプリンスロヒアウと出会い、その瞬間にお互いに惹かれ合いあっという間に恋におちます。
二人は永遠の愛を誓い合い一緒に過ごしますが、ペレは自分の身体があるハワイ島に戻らなければなりませんでした。
妹のヒイアカイカポリオペレをロヒアウの元に向えにこさせると約束をして。
ですが紆余曲折・・ペレとロヒアウは結ばれることはありませんでした。

カヒコを学ぶときに、そのチャントに込められたメッセージは時に様々な私たちの人生に教えをもたらしてくれることがあります。
ロエアは特にそういう意味を大事に、この詠は何を意味しているのか、とよく私たちに問いかけてくれました。

私も時には気持ちが沈む出来事があったり、元気がない時があります。このまま自分の人生はどうなるのかな・・と思うこともあったり、考えることもあります。その時にフラを(特にカヒコ)を踊り、チャントをしたときに自分のなかで前進しなければ・・と気持ちをあらためて決意できることが何度もありました。
きっとこれからも私にとってフラはそういうものだと、自分らしく人生を生きる原動力だと信じています。
そして、私はフラに対してそんな風に感じている自分を何よりも、何があっても大事にしていきます。それが私の信念で、人生だから。

今、ハーラウの生徒さんたちもそれぞれ、自分と向き合っているようです。
一緒に踊っているとみんなの手の動き、目の動き、マナの中にいろんなことを私も感じています。
そして、心のなかで、フラのチャントを詠うたびにレッスンをするたびに私なりに応援していますよ。
人生いろいろだよ、みんな。
時には上手にフラが踊れないことがある。
それでもフラのなかに、みんなの明るい希望や光を見いだして前進できるように祈ってるから。
私はいつもみんなの松明になり灯になって、この先を照らし続けます。私のさらに前にはフラやハワイの神々が、自然神が存在し、そしてロエアがいらっしゃいます。
私たちに与えられた試練は、神様が必ず乗り越えられるからくださっています。
それにひとつずつ前向きに感謝ができる自分でありますように。
i mua!の合い言葉を忘れずに。


フラ体験レッスン

各種イベントの実績

各種イベント・ショー・ワークショップのご依頼について

お問い合わせ

ブログ

RSSフィード