札幌のフラ教室「ハーラウ・オ・カレイイリマオカラニ」のブログ

HULALe'a(フラレア)63号にロエアのインタビューが掲載されています

カテゴリ: HULA,information,クムフラへの道,ロエア,日記
投稿日:2016.01.17

現在発売中のフラ雑誌「フラレア63号」にロエアがウニキについてお話されています。
ぜひ読んでください。
   
 

ロエアにウニキをしていただいた意味、ハーラウをスタートし、クムフラになってから積み重ねてきたこと..
私自身が最近悩んだり考えていたことについて、ロエアが答えてくれているような気がしました。
やはり、私はロエアの考え方、教えが自分自身にピッタリと腑に落ちます。先生が側にいてくれているのは本当にありがたいことです。。


純粋な心を感じるフラ

土曜日は午後1時からビギナーベーシックのクラスです♪このクラスはカヒコをスタートしたい方にオススメです。フラはハーラウによってステップの踏み方もモーションも違いますから、経験者で他の教室からうつられても まずはベーシッククラスからスタートして頂いています。

ロエア カヴァイカプオカラニ ヒューエット先生のモーションは男性とは思えない位しなやかで美しいのが特徴です。ロエア自身がハワイでは著名なクムフラたちからチャント、フラ、オリを受け継がれ、ウーニキはカフナでクムフラのアンティ エマ デフリースから2度受けています。私もハワイでクムフラになるためのトレーニングを5〜6年ほどかけて受けてウーニキを二回して頂きました。それがクハイハーラウの伝統です。私は現在も定期的にロエアから指導を受け続けています。フラはとても高いところから流れる純粋な水のように伝統を受け継ぐことを望まれる、とロエアは度々おっしゃいますが、その通りだと思います。私はこれからもロエアからフラを学び、受け継いでゆくでしょう。それが私が子供たちに残してゆきたいものです。

私は見た目の美しさだけを求めるフラはあまり興味はありません。自分の心と体を、精神を浄めながら、純粋なフラを踊っていきたいです。
それが結果、美しく心が感動するフラになることを信じてます。

  
 


子供たちのクラス。そして私の将来の目標

 低学年のお子さんはママもハーラウにきてくれています。子供たちメインですが、時にママもステップを踏んだり楽しい雰囲気(*^^*)

高学年のクラスはもうすっかり集中力もあって難しいカヒコにもチャレンジし始めています。伸び盛りですね〜。

レッスンが終わった後、「クム、私も将来クムみたいにクムフラになりたいです!」と女の子たちが伝えてくれました…本気度が伝わってかなり私も嬉しかったです。おかげで私の将来の目標もまたはっきりと明確になりました。ありがとう!

現在、親子フラに特化したレッスンはハーラウでは行なっていませんが幼稚園以上のお子さんはレッスンを受けられますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

  
 


OHANA

KAHULA終演後、観にきてくれていた生徒さんたちとパチリ☆


生徒さんたちとは先生と生徒の間柄だけれど
私にとってはOHANAとおんなじ。
いつもひとりひとりに心をむけて、心を開いていたいと思ってる。

みんなそれぞれの人生があって、それに寄り添うようにフラはすすんでる。
私はそれを感じるから、時にみんなの家族のこと、子供のこと、仕事のことを聞いたり、自分の話をしたりする。
色々とお話をする生徒さんもいるし、自分のことを話さない生徒さんもいる。
みんなその時の自然体でいいと思う♪

でも、何かちょっとお話したいな、と思う時はいつでも私に言ってOKなんだよ♪
私はクム(先生)であると同時に、家族、お母さん、時にカウンセラーの役割でもある、、
「生徒にとって、あなたはそのようなクムでありなさい」
これはハワイのクムが伝えてくれたこと。
素敵な教えだ、、と思いました。

なんかそんなことを書きたくなった夜(^^)


私のフラの旅..クムフラとして生きること

ハーラウを開いて、今年で丸5年経ちました。
10月で6年目がスタートしたところです。

フラ教室を始めてから、今日まで、、小さいことから大きなことまで悩まない時間はありませんでした。
そして、今もやっぱりあれこれと悩みはつきません。
フラに関わることはたくさんあります、生徒さんのこと、イベントのこと、レッスンのこと、衣装や、、、、、とにかく細々とあります。

私自身の性格を考えると
悩んでもあんまり人には言わない性格、愚痴もそんなに言いません。
責任感も強い方なのであんまり人には頼みごとができません。
何かときっちり、妥協なくやりたいという完璧主義的な部分もあるので、本当に大変です(苦笑)
でも自分の好きなところは、ネガティブな思考を持っていないことや、あんまり頭で深く考え過ぎないところ。気持ちを切り替えるのが早いところかな。
どっちかというと反射神経や動物的な感覚でパッ!と決めたり、直感的なことも多い。

フラを教える指導者(クム)は大変だけれど、自分にはあっている役割なんだろうな、、とこの1年〜2年で少しずつ思えるようになってきました。

ハーラウは私にとって本当に大切な場所で
生徒さんたちを自分ではどこか家族と同じ、、もしくはそれ以上に思っていて、
一番にハーラウを優先して考えているところが私自身にあります。
それは5年前ハーラウを開いた時からかわりありません。

ロエアは同じことをおっしゃっていました。
クムフラは家族以上にハーラウを一番大事にするのだと。だから結婚はおすすめしないと。
もし、結婚をするなら自分がリーダーになりなさい、自分のことをとにかくサポートしてくれる人、全面に理解をしてくれる人ではないと夫婦として難しい、調和はしない。
その時に話を聞いていた私たちは深く、、納得でした。
(これは生徒さんたちに向けての言葉ではなく、フラに身を捧げたクムフラに言えることなので勘違いはしないでくださいね)

先日、吉見大介さんがフラセミナーを行なってくださった時に、また話してくれた言葉が記憶にあります。
フラは人を不幸せにはしない。

その通りだと思います。

私は自分をクムフラとして整えようとする時、時にストイックになることがあります。
そうすると人にも(主に家族ですが)厳しくなってしまうことがあります。
一緒に暮らしている家族は大変だろうな、、とは思います。
でも私は決して冷たい人間ではありませんし、周囲への気づかいもしないわけはありません。
でもそういったエネルギーは時にもっとフラに費やしたい、と思うことがあります。
きっとフラを真剣にされている方は同じような悩みを感じることがあるかもしれませんね。

こういう悩みも、フラと人生を真剣にしているから、、なんだろう、と思う。
自分が人間だから、いろんな感情をもっているからこそ。

ハワイの神話、フラの神々の話はとても人間的で、嫉妬や悲しみや怒りや喜びに満ちています。
そして赦しや癒し、調和、アロハに満ちています。

私の人生もまだまだ、、どうなるかはわかりませんが、フラとともに(神々とともに)ある、あるがまま、、と思っています。
2015年はどんなことが待っているでしょうか。私のフラの旅。
いつも心にはアロハ(愛)とマハロ(感謝)を携えていけますように。。
makiko


フラダンサーの身支度、心の準備、生き方

今日はイベントでフラを踊らせてもらえる機会をいただけました。昨日からあれこれと準備をしています。

フラを踊る前、自分の身支度や心身の状態を整えることは、フラを踊る以上に、、時には大切なことだと私は思っています。

バタバタと走り回るように準備をしたり、心のなかがずっとざわざわ、、不安なこと心配なことがある状態だと、いくらたくさんフラを練習していたとしても、本番でいいフラを踊れるとは思えない。。

私はできるだけ準備をする前にシャワーやお風呂にはいって身体をゆるめたり、足、身体にマッサージオイルを塗ってケアしたり、、爪を整えたり、ボディケア、チェックをします。
時間があれば、10分でも瞑想もします。
その日のステージをイメージして、自分がいい状態で踊れていることをしっかりと心と頭に焼き付けて呼吸を整える。

そして、大事なのは自分の香りも。
手のモーションを顔に近づけたとき、自分の身体が動く時、いい香りがするかしら。。ハワイの香りを思い出せるように。

フラダンサーはいつもパーフェクトであること。
細やかなところから、皆さんに見えるところまでを完璧に整えておくことがロエアの教えです。

私は家庭人、ママで妻でもありますけれど、フラダンサーでクムフラです。
家庭では、もちろん子供たちを叱ったり、夫と喧嘩するときも時にはあったり、、自分の心のなかで怒りや不安や心配などが全くないともいえません。
でも、できるだけそれをいつも浄化できるようには配慮しています。

自分のフラを踊れるように。
自分も見ている方も笑顔になれるようなフラを踊れるように。。

努力が必要、忍耐はとても必要ですけれど、
それも笑顔で乗り越えます。

私はフラがあってよかったと心から思う。
これからもフラを続けていきますよ♡(^ー^)

makiko

私のフラは私の生き方が踊りにでてくるもの..
だから日々の心、身体の調子、精神状態、家族や友人との関係、仕事..すべてが調和するように努力しています。


ハラウの方向性、クムフラの私の考え

8月も終わりが近づき、もうすぐ9月。
北海道はお盆が終わると一気に秋にむかっていきます。
日中もそれほど暑くなく、過ごしやすいですね。
あともう1回くらい海に行きたいと思っていますが、どうかな〜〜

ハラウは今年始めからKAHULAが終わる6月まで一気に走ってきました。
時間も金銭的にも気持ちもみんなよく頑張りました。
夏も秋もとくに出演するイベントをいれず、私も生徒さんたちもゆっくりのんびり充電しています、現在進行形。
そうはいっても水面下でいろいろと動いていることへ私は心と頭とエネルギーをむけ、新しい曲を生徒さんたちにどんどん教えて、
みんなに「練習練習!!」優しいのでゆるく促しています(笑)
こういう充電期間は必要ですし、イベントに追われるようなフラは私にはあっていません。
ひとつひとつを大事にできるように、レッスンに集中したり、みんなが学びたいことを教えられる時間をつくっています。

今日からはじめるチャンタークラスは、長年在籍している生徒さんたちのなかで、もっとカヒコを学びたいという気持ちを感じていたので、試みました。
私は自分が生徒だったときに、どんなことを自分が学びたかったのか、、ということを忘れないようにしています。
それを生徒さんたちに与えてあげたい♪

カヒコを学びたいと思っている方は、ぜひハラウの門をたたいてください。
私がロエアから学んでいるカヒコを生徒さんたちにはおしむことなく伝えていきます。
そのためには、長くハラウには在籍してほしいと思っています。





奇跡的な体験..私のフラのはじまり

フラの記憶のなかのひとつ。

初めて江ノ島にとおずれたのは、ロエアのレッスンを初めて藤沢で受けたときでした。もう7〜8年くらい前になると思います。
その時に、ぽっかり時間ができたので、ふら〜っと藤沢駅へ行き、聞いたことのある「江の電」という乗り物に乗ってみて、そして聞いたことがある「江ノ島」という駅に降りてみて、人並みにそって歩いていったら「江ノ島神社」がありました。地図ももたず、なにも知らずの旅でした。

そこに祀られている弁天様が芸能の神様だったことも初めて知り、その時に強い導きを感じたのでした。
私は「フラ教室がスタートできますように。。」と強くお祈りしました。

そして江島神社のひととおりを巡り、洞窟まで行き。

帰りにたくさん歩いてお腹がすき、、寄ったのが「江ノ島亭」でした。
初めて食べる生のしらすと、この祈願水のビール。
そこから見える江ノ島の海に沈む夕陽。
私にとっては儀式のような時間でした。今でもすぐ思い出します。

そのあと札幌に戻ってすぐ
自分のハラウとして使える物件が決まりました。
音が出るからフラ教室はおことわり、、とたくさん断られていたのに、、
物事には順序やタイミング、やらなければいけないことがあります。

なかなかできない貴重な体験だったと思いますが、フラを続けていると何度かそのような奇跡のような体験が重なって今があります。

その当時は、自分がクムフラになるための修行(ウニキクラス)に入れるとも、まだ思っていなかった頃です。

クムフラ
麻貴子カレイイリマオカラニ

hula20


江島弁財天へお参り

カテゴリ: HULA,クムフラへの道,,日記
投稿日:2014.08.02

藤沢ワークショップの翌日は
ロエアも一緒に朝食をとりながらミーティング。
コミュニケーションの大事な時間です^^
eno9

そして一緒にステイしていた愛媛校のたかこ先生、高知校ののぶこ先生と一緒に江ノ島弁財天へお参りに。
夏らしい、江ノ島らしいいいお天気で弁財天様がご機嫌なのがわかりました^^
eno1

弁財天は芸能の神様です。
私にとってはかかせないお参りポイントなので、できるだけ訪れる機会をつくっています。というか、江ノ島がただたんに好きなのでついつい足がむいてしまいます^^今年は気づけば3度目。
eno2

奇麗な海、海風が時々吹いて心地よいところ。
eno3


そしてお参りの後はたいていおとずれます、江ノ島亭。
江ノ島神社の祈願水がはいった地ビールと生シラス丼をいただくと、すごく充電した気分なの♡
並ぶくらい人気ですが、ここがお気に入りです♡
eno5
eno6


今回は羽田空港に到着から出発まで一緒に、たかこ先生と過ごさせていただきました。
いろ〜んなお話ができました^^貴重な時間☆ありがとうございました。
eno7

いつも一緒のイリマのフラシスのぶこ♪ほんとに姉妹みたいな親戚か親子か?みたいでいつもありがとう(笑)
eno8

弁天さま、ロエア
次のレッスンまで、札幌でがんばりまっす♪


藤沢でロエアのレッスンを受けてまいりました♪

藤沢でロエアのレッスンを受けてきました!
6月、7月と続いていますが、ロエアに会わない時間は長く感じます〜
前回はKAHULAの後でちょっとお疲れも感じたけれど、今回は元気で嬉しかった。
親のように大事な存在の方です。いつも心のなかにロエアがいます(^ー^)

KUHAI OHANAの先生たちと一緒に^^
fujisawa

今回もとても素敵な歌を教えていただきました。
ウェルドンの「Lei Ho'oheno」ちょっと難しいけれどこれはワヒネ、クプナさんが美しく踊ったらとっても素敵だろうな〜〜。ロエアのエッセンスがたっぷりつまった振付けで美しいです。

そして、この曲は以前まだまだ難しくて教えられない、、とウニキ中には言われていた「Ola'a Beauty」
ロエアの本当に素晴らしく美しいメレ…ワルツなのですごくタイミングが難しい。
大事に練習をして、とっておきのときに踊りたいと思います。
fujisawa1

そして、私のお気に入りのアルバムMo'oleloからも一曲。
ショーなどで踊ったら楽しいだろうな〜。ケイキからワヒネ、いればカーネにも踊れそうな楽しい曲です。

ロエアはいつも、私たちにとって必要なレッスンをしてくださいます。
フラはもちろんですが、クム(指導者)としての精神性や心がまえ、生き方、考え方、やるべきこと。
日本人ですがハワイアンとして私は生きていきたいです。

いやいや〜整理しなければいけないことがたくさん。
ただいま、カレイイリマオカラニは充電期間に入っていますのでその間にいろいろとすべきことをしたいと思います〜


フラ体験レッスン

各種イベントの実績

各種イベント・ショー・ワークショップのご依頼について

お問い合わせ

ブログ

RSSフィード